23/06/18 世間の嫌われものとしての宗教

令和五年(2023) 鎌倉マインドフルリトリート 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

正法眼蔵随聞記 412~15

ヨーガの原点  塩沢 賢一(アーディヨガ主宰)   新宿朝日カルチャーセンター

新緑の福島リトリートのアルバム

宗教を否定するヨーガとマインドフルネス

初転法輪の地、サルナートでのヨーガ 2018年11月 ↓ 

 

 

One thought on “23/06/18 世間の嫌われものとしての宗教

  1. 世間いうマインドフルネスを対象にされるとき、誰の発言だか分かりませんけれど、「意識を自分でコントロールして、注意の対象を自分で自在に操る」ことだなんて、マインドフルネスに取り組もうとしている人の発言とも思えないインチキ言葉を引用して否定してもらっても、まったく説得力はないのでないでしょうか。
    例えばジョン・カバット-ジンなり、日本マインドフルネス学会なり、世間的には認められた定義なりを対象にして論破してください。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

CAPTCHA