今後の予定


じねん坐禅会


日時: 令和 二年(2020)7月16日(木曜)  午後1時半~4時半


会場: 有料老人ホームじねん 

               住所: 〒371-0232  群馬県前橋市茂木町 63−1

               電話027-212-3337


指導: 山下良道 

 一法庵住職として、鎌倉を中心に日本各地、インドなどで瞑想指導をしている

本当の自分とつながる瞑想入門青空としてのわたしアップデートする仏教』『仏教3.0を哲学する光の中のマインドフルネス「マインドフルネス×禅」であなたの雑念はすっきり消える『哲学する仏教』 

最新刊  『仏教3.0を哲学する バージョンⅡ 』 『本当の自分とつながる瞑想』​(河出文庫)


内容: ● 青空の法話  青空が言葉となってこの世界に顕れる  

    ● 青空の瞑想  ワンダルマ・メソッド  

     (四大分別観+慈悲の瞑想+アーナパーナサティ)

            ● ダルマ・シェアリング(お茶会)

     ● じねんの入居者のかたと、ヨーガをして般若心経を一緒によみます。

有料老人ホームじねんを会場とする坐禅会です。まず、入居者のかたと、簡単なヨーガをしたあと、ホワイトターラ、グリーンターラの前で般若心経をよみます。会場を移動して、法話と瞑想、お茶をのみながらマインドフルネスなどについて話し合います。どなたでもご参加いただけます。


差定: 

    • 01:30 pm 受付・オリエンテーション
    •      ヨーガ(デイサービスの部屋、木暮雅子さん指導
    •      命の部屋で般若心経を読経
    • 02:00 pm  隣の坐禅会場へ移動
    • 02:10 pm 青空の法話
    • 03:00 pm 青空の瞑想(微細な身体の瞑想+慈悲の瞑想+アーナパーナサティ)
    • 03:50 pm 質疑応答
    • 04:10 pm 終了

問い合わせ・申し込み:じねんの飯塚まり子さんまでメールでお願いします。


参加費: お布施を浄財箱へお入れください。


諸注意:
・初参加の方は一法庵の活動参加規約を一読いただき、ご理解ご了承の上ご参加ください。
・座り慣れたクッション、座蒲をお持ちの方はご持参ください。


アクセス:上毛電気鉄道・大胡駅より徒歩5分

中央前橋駅 13:15発  大胡駅 13:32着

車で来られるかたは、じねんの駐車場をお使いください


地図:こちらをご覧ください。


土曜 早朝坐禅会 in 一法庵


日時: 令和 二年(2020)7月18日(土曜) 午前7時20分〜11時半


会場: 一法庵

    住所:〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎 1-9-32

    電話:0467-25-3637


内容: ● 青空の瞑想

      ワンダルマ・メソッド

     (四大分別観+慈悲の瞑想+アーナパーナサティ)

    ● ウォーキング・メディテーション(稲村ヶ崎海岸)

    ● シンプル・ヨーガ + 立禅

    ● ダルマ・シェアリング(お茶会)

鎌倉稲村ヶ崎の海岸近く、大自然のエネルギーが充ちているなか、身体の微細な感覚を感じることで、シンキング・マインドが手放され、慈悲とマインドフルネスが自然と備わった「青空の次元」が自分のなかにひろがってゆきます。


差定:

  •       一法庵に集合
  • 07:20 a.m. ウォーキング・メディテーション (稲村ケ崎海岸)
  • 08:00 a.m. シンプル・ヨーガ(フェルデンクライス + 真向法)
  • 08:20 a.m. 立禅(站桩気功)
  • 08:40 a.m. 青空の瞑想 ワンダルマメソッド
    (四大分別観+慈悲の瞑想+アーナパーナサティ)
  • 10:10 a.m. ダルマ・シェアリング
  • 11:30 a.m. 終了

問い合わせ・申し込み: 一法庵までメールでお願いします。


参加費: お布施を浄財箱へお入れください。


諸注意:

  • 初参加の方は一法庵の活動参加規約を一読いただき、ご理解ご了承の上ご参加ください。
  • 午前7時20分までに、まず一法庵においでください。全員揃ってから、海岸へゆきます。
  • 坐禅をしやすい服装でおいでください。海岸を歩くのに相応しい靴も必要です。
  • ご自分の坐蒲をお持ちのひとは持参してください。備え付けの坐蒲もあります
  • 初参加の人は、メールください。

アクセス: 江ノ島電鉄・稲村ケ崎駅下車、徒歩5分。 詳細はこちらで御確認ください。


地図: グーグルマップをご覧ください。


鎌倉 マインドフル・リトリート in 一法庵


日時: 令和 二年(2020)7月19日(日曜)

    午前の部:午前10時 ~ 午前11時半 ヨーガ・アーサナ

    午後の部:午後1時 〜 午後7時 頃  法話 瞑想 ウォーキングメディテーション


会場: 一法庵

    住所:〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎 1-9-32

    電話:0467-25-3637


内容: ● 青空の法話    青空が言葉となってこの世界に顕れる

    ● 青空の瞑想    ワンダルマ・メソッド

     (四大分別観+慈悲の瞑想+アーナパーナサティ)

    ● 青空のヨーガ(アーサナ + プラーナーヤーマ)板橋理江 講師 指導

    ● ウォーキング・メディテーション(稲村ヶ崎海岸)    

    ● マインドフル・ランチ(自分のお弁当を持参してください)

    ● ダルマ・シェアリング(お茶会)


差定:   

<午前の部> 板橋理江さん指導

  • 10:00 a.m. 青空のヨーガ(アーサナ)
  • 11:50 a.m. マインドフル・ランチ(各自、お弁当を持参)

<午後の部>

  • 01:00 p.m. 三帰依 五戒(パーリ文) 般若心経
    青空の法話
  • 03:00 p.m. ウォーキング・メディテーション(稲村ヶ崎海岸)
  • 03:50 p.m. ヨーガ(アーサナ+プラーナーヤーマ) 板橋理江さん指導
  • 04:30 p.m. 青空の瞑想 (ワンダルマメソッド)
  • 05:50 p.m. ダルマ・シェアリング(お茶会)
  • 07:20 p.m. 終了

問い合わせ・申し込み:

  • 一法庵までメールでお願いします。
  • 午前のヨーガに関しては、板橋理江さんまで、メールお願いします。

参加費: 午前の部、午後の部で、それぞれの浄財箱にお布施をお入れください。


諸注意:

  • 初参加の方は一法庵の活動参加規約を一読いただき、ご理解ご了承の上ご参加ください。
  • 午前の部だけ、午後の部だけの参加も可能です。
  • ヨーガや坐禅をしやすい服装でおいでください。海岸を歩くのに相応しい靴。
  • ご自分の坐蒲をお持ちのひとは持参してください。備え付けの坐蒲もあります。
  • 昼食はこちらで、お味噌汁、漬け物、お茶を用意します。お弁当は各自ご持参ください。
  • 初参加の人は、メールでご連絡ください。

アクセス: 江ノ島電鉄・稲村ケ崎駅下車、徒歩5分。 詳細はこちらで御確認ください。


地図: グーグルマップをご覧ください。


  奥多摩 御岳山 海の日接心


日時: 令和 二年(2020)7月23日(木曜)~26日(日曜)

    3泊4日


会場:  御岳山宿坊 嶺雲荘    嶺雲荘サイト 

      住所: 〒198-0175  東京都青梅市御岳山57

      電話:0428 -78-8501


内容:   ・青空の法話  青空が言葉となってこの世界に顕れる  

毎朝の瞑想の前に、短い法話があります。長い法話は7月25日(土曜)の午後一時より。

    ・青空の瞑想  ワンダルマ・メソッド              

(四大分別観+慈悲の瞑想+アーナパーナサティ)

  ・ 青空のヨーガ (アーサナ + プラーナーヤーマ)板橋理江 講師 指導

  毎朝、起床直後と、午後の二回あります。

           ・ ウォーキング・メディテーション(御嶽神社等)

          ・  ダルマ・シェアリング(質疑応答)


差定

  • 04:00 a.m.  振鈴 臥禅
  • 04:15 a.m.  起床 洗面 
  • 04:40 a.m.  朝のヨーガ(板橋理江さん指導)
  • 05:10 a.m.  三帰依 五戒 般若心経読誦                                                                     四大分別観
  • 06:30 a.m.  朝食

  • 07:50 a.m.  慈悲の瞑想
  • 08:50 a.m.  経行(きんひん=歩行瞑想)
  • 09:20 a.m.  アーナパーナサティ
  • 10:20 a.m. ウォーキング・メディテーション(御岳山周辺)
  • 11:30 a.m.  昼食

    • 01:00 p.m.  経行(入浴開始)
    • 01:30 p.m.  坐禅
    • 02:30 p.m.  経行
    • 03:00 p.m.  坐禅
    • 04:00 p.m. 青空のヨーガ(板橋理江さん指導)
    • 05:00 p.m.  プラーナーヤーマ+坐禅
    • 06:00 p.m.  ダルマシェアリング(質疑応答)

  • 07:10 p.m.  坐禅
  • 08:10 p.m.  立禅(站桩)
  • 08:30 p.m.  坐禅
  • 09:30 p.m.  終了 就寝

募集人数: 約30名まで。

      • 全期間、貸し切りになっています。三密を避けるため、いつもより少人数。
      • 男性、女性の数に制限はありません。申し込みの人数により男女別に部屋割りをしてゆきます。

接心の初日と最終日:

  • 7月23日(木曜)は、午後1時までにおこしください。早く到着したひとは、御岳山の山頂に鎮座する武蔵御嶽神社などにお参りください。ハイキングコースになっています。
  • 午後1時頃より部屋割りをします。各自の部屋に入り荷物を整理して、入浴してください。2時半頃よりオリエンテーションした後、正式に接心がスタートします。
  • 6時に夕食(初日のみ。二日目以降は夕食はありません)。
  • 最終日の7月26日(日曜)は、昼食まで瞑想し、昼食後に一時間くらいの茶話会(反省会)をして解散。 

問い合わせ・申し込み: 一法庵までメールで願います。(嶺雲荘ではなく)。メールのタイトルに「御岳山 お盆接心の申し込み」とお書き下さい。

    • お名前
    • ご住所
    • お電話
    • 到着日時と出発日時 特に食事の前か後かをお知らせください。

参加費: ・宿泊実費 (嶺雲荘 3泊4日 食事代込み)

                 2万円 (全日程参加者)

・ なるべく全過程、3泊4日(7月23日~26日)の参加をお勧めしますが、ご都合により1泊~2泊しかできないひとも、受け付けます。その場合の費用は、2泊は14000円、1泊8000円。

7月23日(およびそれ以降)に到着したときに、会計責任者の大塚さんに宿泊費をお払いください。

     ・お布施: 浄財箱へお入れください。


諸注意:

    • 接心期間中は八戒を守って頂きますので、午後は飲み物のみとします。つまり、朝食と昼食の2食になります。初日の7月23日の夕食はあります。夕食後に接心は正式に始まります。
    • 期間中は、瞑想に集中するために、沈黙行となります。
    • 標高800メートルなので、7月でも、朝晩は冷える可能性がありますので、服装の準備をお願いします。
    • 坐禅用のクッション(坐蒲)をお持ちのひとは、それを持ってきてください。座布団はたくさんあります。
    • ウォーキングメディテーションを多少の雨でもするので、雨具をお持ちください。
    • 男女別にお風呂があります。昼食後に、順番に入って頂きます。お風呂予約表に記入します。午後12時半くらいから入り始めます。午後3時まで。
    • 寝具類は、もってくる必要はありません。ただし洗面用具はご持参くあさい。
    • 食事はなるべく野菜中心にしてくださいと、嶺雲荘さんにお願いしますが、必ずしも完全な菜食ではありません。
    • 嶺雲荘さんのほうで、一階ロビーにてポットにいれたお茶(一法庵と同じ万能茶)を用意して頂き、いつでも飲めます。
    • 二階の四部屋の襖をとりはらって28畳の部屋にして、そこを坐禅堂にします。
    • 早朝と午後のヨーガ、法話、ダルマシェアリング、および朝昼の食事は広間でおこないます。

アクセス:

       (この表の運賃は改定されました。以下に現在の料金)

    • JR新宿駅から御嶽駅まで、約1時間30分。 片道935円(IC優先) 立川駅で青梅線に乗り換えます。
    • JR御嶽駅から「ケーブル下」までバスで8分。1時間に2本あり。片道290円。「ケーブル下」のバス停から滝本駅までは少し上り坂を歩きます。時刻表参照
    • ケーブルカーは、1時間に2~3本あり。片道切符を購入してください。片道600円。往復は有効期限切れになります時刻表参照
    • バス、ケーブルカーともにスイカ、パスモなどが使えます。
    • 嶺雲荘は、ケーブルカーの御岳山駅から、歩いて約十分。駅前の地図を参考にしてください。しばらく山道を歩くと、宿坊がかたまっている所にでます。その道沿いにあります。

地図:  グーグルマップをご覧ください。

20/06/14 彼岸への最初の一歩としての「新しい身体」

令和二年(2020) 鎌倉マインドフルリトリート 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

rita オンラインヨーガクラス

湯殿山神社の小澤橋を渡り、彼岸へと

20/06/06 「光の身体」の別名が、無量光仏なのか?

令和二年(2020) 福島リトリート in 裏磐梯早稲沢温泉湯流里 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

阿弥陀仏=梵名はアミターバ(अमिताभ, Amitābha)、あるいはアミターユス (अमितायुस्, Amitāyus)といい、それを阿弥陀と音写する。 … 梵名のアミターバは「量(はかり)しれない光を持つ者」、アミターユスは「量りしれない寿命を持つ者」の意味で、これを漢訳して・無量光仏、無量寿仏ともいう。

20/05/31 陽菜さんの透明な身体、光の身体、そして四大分別観

令和二年(2020) 鎌倉マインドフルリトリート 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

天気の子」を詳しく取り上げてますので、未視聴のかたはまずご覧になってから、法話をお聞きください。Amazonプライム 

コロナ対策、日本が「手本」 ドイツ第一人者が指摘、戦略転換も

 

20/05/24 アタマの中で自動書記される「小説」を現実と取り違えるから 

令和二年(2020) 鎌倉マインドフルリトリート 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

究極の創造性、パフォーマンスを生み出すフロー、ゾーンの謎

サンガジャパン35 2020 Spring

永井均さんのツイート