One thought on “15/05/30 福島の地で見えてきた「無明」の本当の意味

  1.         【六月一日は青空記念日】

    滋賀の川元一郎といいます。
    昨年の六月一日、NHK・Eテレ「心の時代~宗教・人生~」で
    山下良道さんの『青空としてのわたし』を偶然見ました。
    それから早くも、今日で1年がたちます。
    『六月一日は青空記念日』の偈(げ:詩)を作ってみました。
      
            青空や 水無月朔の 空果てむ

    水無月(みなづき)は六月のこと。朔(さく)は一日です。
    この日はどんよりとした走り梅雨の空模様でしたが、番組を見た
    あとの印象は、抜けるような Clear Sky がどこまでも宇宙の果て
    まで広がっていく…。瞬時に人生観が変わりました。

    『青空としてのわたし』と『アップデートする仏教』を読みました。
    2月1日の京都坐禅会が初参加でした。3月20日から24日までの京都
    春彼岸接心では、、やっとここにたどり着けたという感謝の気持ちで
    いっぱいになりました。それからは、朝4時半に起床し、1時間の坐禅が習慣となっています。今の心境の偈です。

         この生死(しょうじ) 青空に置いて ただ坐る

    『青空としてのわたし』の道は、一生続きそうです。
    もしかしたら、その後もずーっと、かな。

    一気に飛んで行ければいいのですが、地球の重力Fには逆らえません。一歩一歩、倦まずたゆまず進んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※送信確認画面はありません。