20/06/14 彼岸への最初の一歩としての「新しい身体」

令和二年(2020) 鎌倉マインドフルリトリート 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

rita オンラインヨーガクラス

湯殿山神社の小澤橋を渡り、彼岸へと

20/06/06 「光の身体」の別名が、無量光仏なのか?

令和二年(2020) 福島リトリート in 裏磐梯早稲沢温泉湯流里 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

阿弥陀仏=梵名はアミターバ(अमिताभ, Amitābha)、あるいはアミターユス (अमितायुस्, Amitāyus)といい、それを阿弥陀と音写する。 … 梵名のアミターバは「量(はかり)しれない光を持つ者」、アミターユスは「量りしれない寿命を持つ者」の意味で、これを漢訳して・無量光仏、無量寿仏ともいう。

20/05/31 陽菜さんの透明な身体、光の身体、そして四大分別観

令和二年(2020) 鎌倉マインドフルリトリート 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

天気の子」を詳しく取り上げてますので、未視聴のかたはまずご覧になってから、法話をお聞きください。Amazonプライム 

コロナ対策、日本が「手本」 ドイツ第一人者が指摘、戦略転換も

 

20/05/24 アタマの中で自動書記される「小説」を現実と取り違えるから 

令和二年(2020) 鎌倉マインドフルリトリート 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

究極の創造性、パフォーマンスを生み出すフロー、ゾーンの謎

サンガジャパン35 2020 Spring

永井均さんのツイート

 

20/05/17 精緻な論理をいくら構築しても、ウイルスにも第五図にも決して届かないから

令和二年(2020) 鎌倉マインドフルリトリート 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

Japan’s Halfhearted Coronavirus Measures Are Working Anyway

COVID-19への対策の概念  新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する厚生労働省対策推進本部クラスター対策班

20/05/10 未知なるウイルスに想定台本が破壊されて、遂に第五図が見えてくる

令和二年(2020) 鎌倉マインドフルリトリート 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

取材対象者の意思に反した編集はなぜ起きる?

 

 

 

 

20/05/04 一瞬でこの世界を建立する大工としての「わたし」

令和二年(2020) ゴールデンウィーク接心 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

永井均氏との対談「自己曼画の第五図はなぜ一人だけなのか? サンガジャパン35 2020 Spring

本当の自分とつながる瞑想