19/11/03 第五図の解釈が分断される背景にあるもの

令和元年(2019) 大阪マインドフルネスの会 in 大念寺 山下良道(スダマチャーラ比丘)

One thought on “19/11/03 第五図の解釈が分断される背景にあるもの

  1. キリスト教はB群で間違いないと思います。三位一体の神を前提にした上で、イエスは完全な神であると同時に完全な人間であるとするのが、絶対譲れないキリスト教の基本論理。その意味で四図と五図に同時に帰属することが含意されている。四図のイエスに同化することで五図にジャンプするのがキリスト教の救いの原理です。四図の外を志向しないキリスト教はありえません。

    永井均さんも内山老師の隠れクリスチャン性があのような言説を可能にしたと評価されていましたが、さもありなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※送信確認画面はありません。