One thought on “14/3/02 「只管打坐3.0」へのアップデート

  1. 盤珪さんの話がでましたね。
    不生が青空のことといってもよいとのことでした。
    血を血で洗うなら、新しい血が残ってしまうではないかとおっしゃってますが、
    血そのものは初めから働いていたということが、不生という表現になったとするならば、要は、そのことにやっと気付いたということではないでしょうか。
    これ以上苦行を続けて、命までなくなったらモトも子もないというところまできて、
    「血」の働きに気付くことが出来た。
    血を汚していたのは、実は自分の執着であり、迷いだったと気付いた。
    ブッダもおなじような体験から、もともと備わっている命の営みに気付いたということでしょう。
    してみると、山下師の「1.0や2.0」は納得いかないというのは、結論を出すのが早すぎたといえるんではないかという気がします。
    いきなり「3.0」から入る人でも、本来は青空なんだと知るためには、瞑想という手順が要るでしょう。最後に、その主体が落ちるというところで、はじめて「納得」といえるということではないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※送信確認画面はありません。