♦ 一法庵だより ♦

12/03/11 青空へ!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お元気ですか。3月11日の朝をどうお迎えでしょうか。
 
先ほどヨーガクラス担当の吾妻麗子さんがフェイスブックに青空の写真を投稿されました。以下のコメントと一緒に。

 

大きな震災から一年が経ちましたね。感じるのは、それぞれが、大きな空からの視点に変わりつつあると言う事。いつまでも雲でいてはならない…。空でいれば、みんなが繋がっている。空でいよう。雲になったら、青空に戻ればいいのです…。shanti


横浜はこんなに晴れているようですが、鎌倉はまだ曇りです。天気予報によると午後までには晴れるでしょう。
今日、3月11日に静かに追悼したいかたは、午後一時から行われる一法庵の坐禅会に是非おいでください。海の近くですから、海岸での簡単な追悼法要もあります。そして坐禅のなかでこの青空の世界に帰りましょう。静寂のなかで、かたちがすべて壊れた後の「かたちのない世界」に触れて行きましょう。そこでしか、震災犠牲者と出会うことはできないから。あるいはそこではいつでも再会できるから。生も死もないところだから。

それでは今日の午後に。法話は「青空へ!」と題してお話しします。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※送信確認画面はありません。