16/06/19 2016年夏、「無心のマインドフルネス」発進

2016(平成28)年 青空の瞑想の会 in 目黒不動尊 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

法話のなかで言及した番組は、以下です。NHKオンデマンドで視聴できます。

NHKスペシャルキラーストレス 第2回「ストレスから脳を守れ~最新科学で迫る対処法~」

s_スクリーンショット 2016-06-23 10.05.13

16/06/12 仏道は必ず行に依りて証入すべきこと

2016(平成28)年 日曜ワンダルマ坐禅会 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

仏道は必ず行に依りて証入すべき事
 
右、俗に曰く、学べば乃ち禄その中に在りと。仏の言わく、行ずれば乃ち証その中に在りと。未だ嘗て学ばずして禄を得る者、行ぜずして証を得る者を聞くことを得ず。縦い行に信法頓漸の異ありとも、必ず行を待って超証す。縦い学に浅深利鈍の科ありとも、必ず学を積んで禄に預る。これ乃ち独り王者の優と不優と天運の応と不応とに由るべきにあらざるか。もし学にあらずして禄を受くれば、誰か先王理乱の道を伝えん。もし行にあらずして証を得れば、誰か如来迷悟の法を了らめん。識るべし行を迷中に立て証を覚前に獲ることを。時に始めて船筏の昨夢を知って、永く藤蛇の旧見を断ず。これ仏の強為にあらず、機の周旋せしむる所なり。況んや行の招く所は証なり、自家の宝蔵外従り来らず。証の使う所は行なり、心地の蹤跡あに廻転すべけんや。然れどももし証眼を廻らして行地を顧みれば、一翳の眼に当るなく、将に見んとすれば白雲万里。もし行足を挙して証階に擬すれば、一塵の足に受くるなく、将に踏まんとすれば天地懸隔。ここにおいて退歩せば仏地をぼっ跳せん。

中日文化センター 7月からの新講座

スクリーンショット 2016-06-11 21.57.15

 

 

 

 

 

 

東海地方の皆さま、今年の後半にまた、名古屋の栄にある中日文化センターで、6ヶ月連続の講座があります。毎月、第一火曜の13:00〜14:30です。第一回は、7月5日(火曜)スタートです。

講座の題は、「仏教3,0から読み解く般若心経」です。以下が内容。

「大乗経典のなかで最も有名で人気のある「般若心経」。その真意は理解がしがたいです。ところが、仏教を「アップデート」してゆく運動体ととらえると、般若心経こそ仏教史の上で一番大きな「アップデート」のスリリングな表現であったと分かります。その世界を描写したのが「般若心経」です。この視点から、般若心経の言葉を丁寧に読み解きます。7月からの6カ月講座。」

平日の午後という時間帯ですが、是非おいでください。終わってから、時間ありますから、皆でお茶を飲めると思います。どうぞよろしくお願いします。

お申し込みはこちらから

今後の予定


土曜早朝坐禅会


日時: 次回は7月2日(土曜)


内容:    ・青空の瞑想 

    ワンダルマ・メソッド(現在アップデート中!)
(青空へのフォーカシング+お腹のアナパナサティ+微細な感覚の瞑想+慈悲の瞑想+鼻の入り口のアナパナサティ+青空からのヴィパッサナー)

 鎌倉稲村ヶ崎の海岸近く、大自然のエネルギーが充ちているなか、身体の微細な感覚を感じることで、シンキング・マインドが手放され、慈悲とマインドフルネスが自然と備わった「青空の次元」が自分のなかにひろがってゆきます。


会場: 一法庵

住所: 〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎 1-9-32

電話: 0467-25-3637

アクセス: 江ノ島電鉄・稲村ケ崎駅下車、徒歩5分。 詳細はこちらで御確認ください。


差定:

  • 07:20 am ウォーキングメディテーション (稲村ケ崎海岸)
  • 08:00 am ストレッチング
  • 08:20 am 立禅(站桩気功)
  • 08:40 am 青空の瞑想 ワンダルマメソッド
  • (青空へのフォーカシング+お腹のアナパナサティ+微細な感覚の瞑想+慈悲の瞑想+鼻の入り口のアナパナサティ+青空からのヴィパッサナー)
  • 10:00 am 茶禅 質疑応答
  • 11:00 am 終了

参加費: お布施を浄財箱へお入れください。


問い合わせ: メール電話で願います。


使用言語: 日本語と必要に応じて英語でも行いますので、外国の方も大歓迎します。 Languages: Japanese and English. Foreigners are most welcome.  


問い合わせ: メール電話で願います。


青空へのヨーガの会 in 目黒不動尊


日時: 2016年7月2日(土曜) 

内容: ● 青空へのヨーガ 

    (アーサナ+プラーナーヤーマ+瞑想)

青空とは「私」の本質。しかしその青空は通常ぶあつい雲におおわれてかくされています。シバナンダヨーガをベースにしたやさしいゆったりとしたヨーガを通して、普段にぎりしめているものをふと手放し、青空への入り口であるインナーボディを感じ、青空へと入っていきます。


指導: ヨーガ講師 板橋理江さん

友永ヨーガ学院の指導者コース修了。日本ヨーガニケタンTT修了。杉並区の複数の会場にて、一法庵の説く「青空」を念頭においたヨーガを指導。


会場: 目黒不動尊 瀧泉寺  書院            

・正門から入り右手にある門のなかの建物。当日は、案内がでます。

住所: 〒153-0064 東京都目黒区下目黒3丁目20−26

電話: 03ー3712−7549

定員: 大きな会場ですので、定員はありません。お友達やご家族と一緒においでください。


アクセス: 

・バス JR「五反田駅」西口より東急バス渋谷行(渋72系統)約12分 「目黒不動尊境内」下車  大人220円 時刻表 

・徒歩 JR「目黒駅」より徒歩 (約20分)

    東急目黒線「不動前駅」より徒歩(約15分)

・車  山手通り「かむろ坂下」より信号2つ目右折 

地図:  グーグルマップ をご覧ください。


差定:

  • 02:00 pm 受付開始 オリエンテーション
  • 02:15 pm   目黒不動境内 ウォーキング・メディテーション                           (副住職の瀧口さんによる解説つき)
  • 02:45 pm アーサナ(ポーズ)
  •                    プラーナーヤーマ
  • 04:20 pm 青空の瞑想(山下先生指導)
  • 04:50 pm 質疑応答・会場片付け
  • 05:00 pm 終了

参加費:

青空へのヨーガの会への布施は、会場にある浄財箱へお入れください。

目黒不動尊へのお布施は、会場にある護摩木(300円)をご購入ください。

諸注意:

 ・ヨーガマットかバスタオルをご持参ください。


問い合わせ、申し込み: 板橋理江さんまでメールでお願いします。

 


日曜ワンダルマ坐禅会


日時: 次回は7月3日(日曜)


内容:

  • 青空の法話   青空が言葉となってこの世界に顕れる
  • 青空の瞑想   ワンダルマメソッド(現在アップデート中!)

(青空へのフォーカシング+お腹のアナパナサティ+微細な感覚の瞑想+慈悲の瞑想+鼻の入り口のアナパナサティ+青空からのヴィパッサナー)

 鎌倉稲村ヶ崎の海岸近く、大自然のエネルギーが充ちているなか、身体の微細な感覚を感じることで、シンキング・マインドが手放され、慈悲とマインドフルネスが自然と備わった「青空の次元」が自分のなかにひろがってゆきます。


会場: 一法庵

住所: 〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎 1-9-32

電話: 0467-25-3637

アクセス: 江ノ島電鉄・稲村ケ崎駅下車、徒歩5分。 詳細はこちらで御確認ください。


差定:

  • 01:00 pm 三帰依・五戒・般若心經読誦
  •         青空の法話
  • 03:00 pm ウォーキング・メディテーション (稲村ケ崎海岸)
  • 03:50 pm 青空へのヨーガ(アーサナ+プラーナーヤーマ)by 板橋理江さん
  • 04:20 pm 青空の瞑想  (青空へのフォーカシング+お腹のアナパナサティ+微細な感覚の瞑想+慈悲の瞑想+鼻の入り口のアナパナサティ+青空からのヴィパッサナー)
  • 05:40 pm 茶話会(質疑応答)
  • 06:30 pm 終了 時間の余裕のあるかたはもう少し延長戦(午後7時半ぐらいまで)

参加費: お布施を浄財箱へお入れください。


海の日 接心


日時: 7月16日(土曜)〜20日(水曜)


募集人数: 男性の宿泊定員は8名   女性の宿泊定員は7名

 


内容:  ・青空の法話  青空が言葉となってこの世界に顕れる

     ・青空の瞑想  1,ワンダルマ・メソッド(現在アップデート中!)

(青空へのフォーカシング+お腹のアナパナサティ+微細な感覚の瞑想+慈悲の瞑想+鼻の入り口のアナパナサティ青空からのヴィパッサナー)

             2,只管打坐3.0

稲村ヶ崎の海岸ちかく、太平洋の大自然から発せられるエネルギーが漲っているなかで、身体の微細な感覚を感じることで、シンキング・マインドが手放され、慈悲とマインドフルネスが自然と備わった「青空の次元」が自分のなかにひろがってゆきます。 

       青空へのヨーガ (アーサナ + プラーナーヤーマ) 板橋理江さん指導


会場: 一法庵

住所: 〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎 1-9-32

電話: 0467-25-3637

アクセス: 江ノ島電鉄・稲村ケ崎駅下車、徒歩5分。 詳細はこちらで御確認ください。


注意事項:

  • 接心期間中は男性8名、女性4名までの宿泊を受け付けます。男性のかたは一法庵に宿泊していただき、女性は同じ稲村ヶ崎にある(歩いて約15分)不識庵に泊まって頂きます。
  • 女性の宿泊参加者は、シーツとタオル(枕カバー用)をご持参ください。男性参加者は不要です。
  • 日帰りでの参加も大歓迎いたします。皆さまの可能な範囲でご参加ください。坐禅の時間表を参考のうえ、休み時間か、歩行瞑想の時間に、お入りください。
  • 自分が普段使われている坐蒲(瞑想用クッション)を持ってこられると坐りやすいと思います。
  • 五日間全過程を参加されるかたは、接心前日(7月15日、金曜)の午後7時ぐらいにおいでください。その晩に接心のオリエンテーションを行います。
  • 食事は、泊まって参加されるかたには、朝食と昼食を一法庵でご用意いたします。日帰りの参加者のかたにも、昼食として玄米と味噌汁はこちらで用意しますので、各自おかず一品をお持ち寄りください。
  • 接心中は八戒を守っていただきますので、午後は飲み物のみとさせていただきます。
  • シャワーはいつでも使っていただけます。一法庵では布団、シーツ類も用意されています。
  • 法話は7月18日(月曜、海の日)の午後1時よりおこないますが、それ以外に瞑想のしかたの説明などを、接心前夜と、状況をみながら途中でも随時いれてゆきます。
  • 毎夕、インタヴューの時間を設けますので、そのとき瞑想についての質疑ができます。
  • 接心の間は、基本的には沈黙行になります。
  • 長時間坐ることに慣れていなくても、その環境に入ってしまえば坐れるものです。どうぞ心配なさいませんように。

差定:

  • 04:00 a.m.  振鈴 臥禅
  • 04:15 a.m.  起床 洗面 掃除 
  • 04:40 a.m.  朝のヨーガ(板橋理江さん指導)
  • 05:10 a.m.  三帰依 五戒 般若心経読誦                                                                 青空へのフォーカシング+アナパナサティ(お腹)+微細な感覚の瞑想
  • 06:30 a.m.  朝食

  • 07:50 a.m.  慈悲の瞑想(1)+(2)
  • 08:50 a.m.  経行(きんひん=歩行瞑想)
  • 09:20 a.m.  アナパナサティ(鼻腔)+青空からのヴィパッサナー
  • 10:20 a.m.  青空へのヨーガ(板橋理江さん指導)
  • 11:30 a.m.  昼食

  • 01:00 p.m.  経行
  • 01:30 p.m.  坐禅
  • 02:30 p.m.  経行
  • 03:00 p.m.  坐禅
  • 04:00 p.m. ウォーキング・メディテーション
    (稲村ヶ崎海岸)
  • 05:00 p.m.  プラーナーヤーマ+坐禅

  • 06:00 p.m.  インタヴュー(質疑応答)
  • 07:10 p.m.  只管打坐3.0
  • 08:10 p.m.  立禅(站桩)
  • 08:30 p.m.  只管打坐3.0
  • 09:30 p.m.  終了 就寝

参加費:お布施を浄財箱へお入れください。


問い合わせ・申し込み メール電話で願います。


他の宿泊施設: 長谷ユースホステル に滞在しながらの接心参加も可能です。素泊まり四千円。藤沢駅近くに相鉄フレッサイン8ホテルどのビジネスホテルもあります。

新宿朝日カルチャーセンター 6月の講座

新宿住友ビルにある、朝日カルチャーセンター新宿教室で、月に二回講座をもっています。今年も、6月、7月、8月、9月と予定されています。通例ですと、木曜の午後6時半〜8時半にあります。月の一回目が講義中心、二回目が講義と瞑想実践になります。

2013年秋に出版された「アップデートする仏教」のなかで提唱された「仏教3.0」。伝統的な日本仏教から、二回の「アップデート」を経て開かれてくる21世紀の仏教のかたち。そのアップデートの詳細を検討することが、2500年の仏教史の総括になってゆく。この入門シリーズでは、日本の禅、パーリ経典のテクストを丁寧によみながら、「仏教3.0」の生まれてくる必然性を分析します。あわせてその実践である「ワンダルマメソッド」による、自分自身の本質である青空を自覚する瞑想をおこないます。

6月9日(木曜)、23日(木曜)のお申し込みは以下からどうぞ。      

仏教3.0入門 理論と実践 学道用心集を読む(

【6月】学道用心集を読む(2)
続く第二章、第三章では、坐禅修行してゆくうえで大事なのは、今までのものの見方の延長ではなく、世界観そのものに大きな転換がなければならないと論じる。その転換は、単に学問をするだけでは起こらず、行ずることによってのみ可能になってくる。学と行との違いを明確にして、行によってのみ開かれる「証=さとり」の世界への入り方を明らかにする。迷いの中に行じ、覚りの前に証を獲るとは何か。

過去の講義のレジュメです。

普勧坐禅儀のテクスト 

朝日カルチャー講義レジュメ 2016/1/28

朝日カルチャー講義レジュメ 2016/1/14

朝日カルチャー講義レジュメ 2015/12/24  

朝日カルチャー講義レジュメ 2015/12/10

16/05/29  「正覚」からの初発心のみ、最後まで続いてゆく

2016(平成28)年 日曜ワンダルマ坐禅会 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

正法眼蔵随聞記 1−13

 夜話に云く、祖席に禅話をこころへる故実は、我が本より知り思ふ心、次第次第に知識の詞に随ひて改めもて行なり。仮令仏と云は、我が本より知たりつるやうは、相好光明具足し説法利生の徳ありし釈迦弥陀等を仏と知りたりとも、知識若し仏と云は蝦蟇蚯蚓と云はば、蝦蟇蚯蚓を是ぞ仏と信じて日比(ひごろ)の知解を捨つべきなり。此の蚯蚓の上に仏の相好光明、種種の仏の所具の徳を求むるも猶情見あらたまざるなり。只当時の見ゆる処を仏と知るなり。若し此の如く詞に随て情見る本執をあらためもて行かば自ら契ふ処あるべきなり。然あるに近代の学者、自らの情見を執し己見を本として仏とはかふこそあるべけれと思ひ、亦吾が存ずるやうに差へば、さはあるまじいなんどと云て、自らが情量に似たることやあらんと迷ひありくほどに、大方仏道の精進なきなり。亦身を惜まずして百尺の竿頭に上りて、手足を放て一歩を進めよと云ふ時は、命ありてこそ仏道も学すべけれと云て、真実に知識に随順せざるなり。能能(よくよく)思量すべきなり。