21/4/10 存在者としての私、存在としてのわたし

令和三年(2021) 青空の黙想リトリート in 無原罪聖母修道院 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

 

One thought on “21/4/10 存在者としての私、存在としてのわたし

  1. カントがニュートンの絶対空間理解(神の感覚器官 於 光学)を否定して、それを理念と位置づけたこと(於 自然科学の形而上学的基礎付け)が思い出されました。永井均の「世界を開闢する〈私〉」といった水準の機構はやはり、四大の次元と区別しなくては、その働きが十分に理解できないということだと思います。

    かなり vivid に伺えたと思いますが、やはり瞑想は空時を同じうしないと難しいことだろうな、とも思いました。

市吉経泰 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※送信確認画面はありません。