19/09/29 空の青さを知る人は、安心して絶望する

令和元年(2019) 鎌倉マインドフル・リトリート 山下良道(スダマチャーラ比丘)

2 thoughts on “19/09/29 空の青さを知る人は、安心して絶望する

  1. エラーが出て前回メールできなかったです。
    拒否されてるのかな?
    宗教は自分が一人と思ってたら理解できないですね。
    般若心経も。特に色不異空空不異色は。自分は二つある。
    今も覚えてるような、ちいさな時、夜空を見た時のあの驚き。目があるような、夜空が謎。自分が目であることが謎。
    初期の法話で雲と青空、エイリアンの話、慈悲の話、でこれは生死の問題の苦から、生きてる間に解放されるかも知れないとピンと来たことを思い出しますね。
    じゃあ、この世とあの世、普通の人、病気とかで、一回も瞑想したことのない人は、死んだら何処へ行くの?
    これは自分が一人と思い込んでる人の話ですね。
    般若心経から無と不をとった世界をさまようのかな?
    例の六道輪廻とか丹波哲郎さんの世界。
    仏教って、この世界は仮想現実だから錯覚だから、死後とか宇宙の果ては実は虚構だから夢見の世界だから早く出なさい、と言ってるんですよね。
    その意識、慈悲そのもの、観音様、がもう一人のこの世界の外にいる意識。
    最後の最後の信頼。南無観世音菩薩。

  2. エラーメッセージが出たので、再度書いてみます。
    ポッドキャストをきいているあなた、というよびかけに
    ぎよっとしました。仏教3.0を哲学するを読んでから、こちらのポッドキャストを更新されると必ずきいてます。
    大変おもしろいです。

踏んだり蹴ったりで絶望 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※送信確認画面はありません。