17/12/10 『光の中のマインドフルネス』と「ひとつの真理」

2017(平成29)年 鎌倉マインドフル・リトリート in 一法庵 山下良道(スダンマチャーラ比丘)

One thought on “17/12/10 『光の中のマインドフルネス』と「ひとつの真理」

  1. 曹洞宗の西川玄苔老師が、30年ぐらい前の法話でよく語っていました。
    「宗教に出会わなければ、この自我の闇に気づかなかった。
     宗教(仏の光)が、自我の闇を照らし出してくれた。」

    一法庵のお話を聞きながら、いま同じことを思っています。
    もし宗教に出会わなかったら、この苦しみをどうしたらよいか迷い続けたでしょう。
    宗教(光の中のマインドフルネス)に出会えたことを本当にありがたく感じています。

平松和政 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※送信確認画面はありません。