18/12/23 「青空のなかの私」と「大地に根づいた私」” への2件のコメント

  1. 山下先生、インドの旅、お疲れ様でした。

    Mさまのコメントに便乗するようで恐縮ですが、このコメントは、ポッドキャスト聴講者にとっても、ワンダルマ瞑想を成功させるにあたり、非常に重要なキーポイントだと思います。

    つまり、「慈悲(第五図、青空)の場所に、慈悲の瞑想の第一フレーズで到達していないと失敗」ということは、
    ①微細な感覚を感じ取るという、瞑想の最初の段階で、感じ取れていないと、既に失敗
    あるいは、
    ②微細な感覚を感じ取れても、その後、慈悲の瞑想第一フレーズで到達していないと失敗
    の、どちらかだと思います。

    私的には、①だと感じています。
    微細な感覚さえ明瞭に感じ取れれば、第五図や青空に既にアクセスできる状態になっており、第五図や青空の視点に立つのは容易なのではないか、と捉えているからです。
    どうでしょうか…? 正しいでしょうか…?

    そして、今更ながらですが、不出来な聴講者に、微細な感覚を感じるためのコツを、伝授いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  2. 山下先生、こんばんは。

    この日の瞑想後に、「慈悲の場所に、最初の[私が幸せでありますように]の一発目で到達していないと失敗」というお話をされていたと思います。すみません、セリフは一言一句同じではないと思います。

    そのジャンプの感覚が、いまだよく分かりません。一発目は、だいたい、何も感じないか、または、自分が憐れな感じで、たまに身体が震えたりしてます。今までの自分が可哀想で。

    これは、エゴが動いているだけでしょうか?よく分からないのが現状です。
    ご教示いただけますと幸甚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※送信確認画面はありません。