♦ 一法庵だより ♦

12/02/27 一法庵のヨーガクラスが始まりました


こんにちは。

ご無沙汰しておりますが、お元気ですか。

今年の非常に重要なプロジェクトのひとつ。一法庵でのヨーガクラスがいよいよ始まりました。先週土曜日の午後2時から行われました。既に二回目です。

 

(畳の上でのヨーガが、なかなか好評です。特に最後のシャヴァアーサナで本当にゆったり出来るそうです)

毎週 土曜日 午後2時〜4時です。

4月からは、さらに毎週 水曜日 午後2時〜4時と、毎週 日曜日 午前10時〜12時の2クラスが加わります

講師をされるのは、我々の仲間の一人の吾妻麗子さんです。

吾妻さんは、インドのクヌールにいらっしゃるヨーガの先生のもとで、インドの正統的なヨーガを学んでこられました。シヴァナーンダ・ヨーガの流れです。いままで横浜・桜木町を中心に教えてこられましたが、今春より一法庵と横浜・保土谷公園の二カ所で教えられます。

吾妻さんは去年より一法庵の我々と一緒に仏教の瞑想も学んできています。そういうバックグラウンドのかたなので、「青空に触れる」瞑想状態に入って行くのに必要な「身体と呼吸とこころの整え方」を、ヨーガの伝統より明確に教えることができます。

去年12月は約一ヶ月間、私のインド訪問にも同行され、ディアパーク、ロナワラ、サンカシアなどでのリトリート、瞑想会に一緒に参加しました。そのときに、ご自分のなかでヨーガと仏教の瞑想が完全に融合されたようです。

これから吾妻さんが指導される一法庵のヨーガクラスは、「健康と美容」を主要な目的とするのではなく(結果としてそれらも達せられますが)、明確に「瞑想」を最重要な目的地に設定した、日本でも稀少なヨーガクラスになってゆくでしょう。

 

(私のインドでの法話会ではいつも近くに座ってくださり、心強かったです。何しろアウェイなので。私の右隣は、英語→ヒンディー語へと通訳してくれた、ウパナーンダ師。パーリ語の学僧。村の女性達のサリーが色鮮やかですね)

吾妻さんが主宰されるルーパ・サイ・ヨーガのサイトも一新されました。どうぞご覧ください。

ヨーガクラスの詳しい案内がのっていますのでそれを参考にしてください。ヨーガクラスに参加希望のかたは、一法庵ではなく、吾妻麗子先生に直接、メールにてお申し込みください。瞑想より場所が必要なヨーガですので、定員は約10名とさせていただきます。要予約です。

ご覧になればおわかりのように、一法庵のサイトと姉妹関係になっています。それもそのはず、一法庵のサイトを作ったチームで構築しました。同じくワードプレスというソフトが使われています。ヘッダーにはインドと稲村ヶ崎の写真が使われています。

私もこれまで二回、吾妻さんのヨーガクラスに参加させていただきました。その結論は、我々の唯一の弱点をヨーガがみごとにカバー、補強してくれるということです。つまり瞑想を始める前に、身体、呼吸をまず整えるという準備をみごとにヨーガがしてくれるのです。他にもその方法は勿論あるでしょうが、やはりこのインドの何千年の叡智と経験がつまったものにはかないません。私も吾妻さんのクラスにこれから週に三回出席してゆくだけでもう身体のケアは充分な気がしています。

 

(去年の12月に、ニューデリーのシヴァナーンダ・ヨーガセンターを訪ねたときの吾妻さん。そこのドロップイン・クラスに参加しました。日本のクラスで自分が教えている内容とまったく一緒だったので自信を深めたそうです)

吾妻さんのヨーガクラスが加わることによって、一法庵の弱点が完全に補強されました。有り難いことです。そして何よりもヨーガだと瞑想よりはるかに広い範囲の人にまでアプローチできるという点もすごいですね。吾妻さんと一緒にヨーガクラスの告知、宣伝をいましているのですが、皆さんの反応のなんといいこと。

そして最新ニュース!吾妻さんは東京でもヨーガクラスをやることになりました。ご承知のように我々は月に一回、池袋の勤労福祉会館で「新しい地球の会」をやっています。日曜の午後1時からですが、その日の午前中に、吾妻さんのヨーガクラスが同じ勤労福祉会館にて開かれることになりました。午前10時〜12時。4月1日(日曜)から始まります。東京近辺のかた是非ご参加ください。詳細はまた後ほど、発表します。

これで日曜日はいつも、鎌倉でも池袋でも、午前10時からヨーガクラス、午後1時から瞑想会となりました。フルコースですよ!

それでは、どうぞ今後とも、一法庵のヨーガクラスをよろしくお願いします。ふるってご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※送信確認画面はありません。